JP / EN

7月25日開催  IoT推進ラボ合同イベントのご報告

2017-09-01 09:00:02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IoT推進ラボ、経済産業省、NEDOは“IoT推進ラボ合同イベント”を、平成29年7月25日に、ベルサール東京日本橋にて開催いたしました。

当日は、IoT推進ラボの複数のプロジェクトを同会場にて行うとともに、HRテクノロジーコンソーシアム(LeBAC)との共催イベントや、

一般社団法人シェアリングエコノミー協会によるイベント等を行いました。

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

国内企業×国内企業のビジネスマッチングイベント(テーマ:「働き方改革」、

「シェアリングエコノミー」)を開催しました。1対1の“ビジネスマッチング”

では139企業・団体、計291名の方にご参加いただきました。自社の取り組み

についてプレゼンテーションをいただく“プレゼンマッチング”では、

8企業・団体の方にプレゼンいただき、傍聴者との名刺交換を実施しました。

 

 

 

 

 

 

 

内閣官房が策定したガイドラインを元にしたシェアリングエコノミー協会の認証

基準に基づき、安全性及び信頼性の確保に真摯に取り組むシェア事業者6社の、

各サービスに認証マークを付与し、6社から事業及び安全性・信頼性確保のため

の取り組みについてご紹介いただきました。

(シェアリングエコノミー協会開催イベント)

 

詳細(シェアリングエコノミー協会ホームページ内)

 https://sharing-economy.jp/ja/news/20170725/

 

 

 

 

 

 

平成29年3月の世耕経済産業大臣の訪独に合わせて、我が国の産業が目指す

姿(コンセプト)として、人、機械、技術が国境を越えてつながる

「Connected Industries」を発表しました。同コンセプトの下、主に

ベンチャー関連の有識者が一堂に会し、パネルディスカッションを実施しました。

 

モデレーター:冨山 和彦(株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO、IoT推進ラボ 座長)

パネリスト :稲田 雅彦(株式会社カブク 代表取締役CEO)

       岩佐 琢磨(株式会社Cerevo 代表取締役)

       上田 祐司(一般社団法人シェアリングエコノミー協会 代表理事)

       小笠原 治(株式会社ABBALab代表取締役/

       さくらインターネット株式会社 フェロー/京都造形芸術大学 教授)

       仮屋薗 聡一(一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長)

       (五十音順、敬称略)

 

詳細(経済産業省ニュースリリース)

     http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170718002/20170718002.html

 

 

最新のテクノロジーによる「働き方改革」を推進するためのコンテストを開催し、

企業が抱える人事・労務上の『課題』をテクノロジーによって解決する、優れた

アイデア・ソリューションを募集しました。事前審査を通過した8件の方に

プレゼンいただき、グランプリ、準グランプリを選出しました。

(共催:HRテクノロジーコンソーシアム)

 

グランプリ

株式会社ジンズ「JINS MEME OFFICE BUSINESS SOLUTIONS」

 

準グランプリ

株式会社アトラエ「AIビジネスマッチングアプリyenta」

Institution for a Global Society株式会社「GROW CERTIFICATION」

 

詳細(経済産業省ニュースリリース)

     http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170725006/20170725006.html

 

平成287月(第1弾)及び平成293月(第2弾)に「地方版IoT推進ラボ」

https://iotlab.jp/local/ )に選定された地域の中から、5地域から、

自地域のIoTに関する取り組みについて、プレゼンテーションにて、

ご紹介いただきました。

 

<登壇自治体>

・福岡県北九州市

・石川県加賀市

・長野県伊那市

・静岡県

・宮城県仙台市

(登壇順)