IoT Lab Connection(テーマ別企業連携・案件組成イベント)

IoT・AI・ビッグデータの技術進展により産業構造や社会構造が大きく変化する中、我が国でIoTを活用した先進プロジェクトの創出・社会実装を目指し、そのために必要となる規制・制度の見直しや、業界横断的なルール形成等の環境整備に向けた実証事業又はその前提となるフィージビリティスタディへの取り組みを開始しております。


IoT推進ラボでは、IoT・AI・ビッグデータ等を活用した新たな事業の創出と、その社会実装を促進することを目的とした、以下の企業連携支援の取組を実施しています。


①IoT推進ラボの会員企業同士による企業連携・案件組成(Solution Matching)

②関連するビッグデータのアルゴリズム開発や人材発掘のためのビッグデータ分析コンテスト(Big Data Analysis Contest)

Solution Matching

◆Solution Matching の位置づけ◆




IT・エレクトロニクスの総合展示会CEATECにおいて、

国内外の企業によるSolution Matching(ビジネスマッチング)を開催します。


日時:平成28年10月4日(火曜日)11:00-17:00(予定)

10月5日(水曜日)11:00-17:00(予定)

場所:CEATEC JAPAN 2016 会場内(幕張メッセ千葉市美浜区中瀬2-1)


テーマ:

①「第3回IoT Lab Connection」(10月4日開催)【応募は締め切りました】

スマートホーム

モビリティ


第3回 Solution Matching(「スマートホーム」、「モビリティ」)募集要項(PDF)はこちら>>


②「Global Connection(ビジネスマッチング)」(10月5日開催)

IoTプロジェクト全般(対象国:インド、イスラエル、ASEAN企業)

IoT推進ラボ会員サイトにログインいただき、「GlobalConnection」をクリックし、海外企業一覧から企業詳細を閲覧し、「いいね」ボタンで投票してください。(平成28年8月26日(金曜日)正午提出期限)

マッチングへの参加を希望する場合は、自社の事業登録(英文)を併せてお願いします。(平成28年9月2日(金曜日)正午提出期限)

海外企業への投票数を元に上位企業をCEATECに招聘します。決定した招聘企業は9月上旬にマッチングへの参加を希望した企業(事業登録を行った企業)にご案内します。


Global Connection(ビジネスマッチング)募集要項(PDF)はこちら>>



◆第1回の様子◆

Big Data Analysis Contest

企業等から提供されたビッグデータとそれを活用したデータ分析課題をもとに、アルゴリズムの開発競争をオンラインで実施します。


本コンテストでは、普段接触する機会の少ない産業界の実際的な課題・データを対象にデータ分析を行うことにより、優秀なデータサイエンティストの発掘や、優れた分析者の技術からの学びによる人材育成効果もあわせて目指します。


◆第2回ビッグデータ分析コンテスト概要◆

テーマは「流通・小売」です。

流通・小売業界では、消費者のニーズが多様化する中、データを活用した多様な店舗展開やマーチャンダイジングが重要となっています。


今回、分析の中心となるデータは、ローソンから提供される健康菓子シリーズ「ナチュラルローソン菓子」(全 26種類)及びオリジナル菓子シリーズ「おやつごろ。」(全47種類)のPOSデータや商品特性データです。


提供されたデータをもとに、データパティシエと位置付けられたデータサイエンティストが、「ナチュラルローソン菓子」の売上予測並びに売上への影響が強い要素を解明し、データにより得られたアルゴリズムやノウハウを、消費者ニーズにあった商品開発に活用することを目的としています。


以下の2部門のテーマで、データ分析コンテストを開催します。

①売上予測部門、または②新商品開発部門のみでの参加も可能です。

(詳細は以下募集要項をご確認の上、参加登録サイトからご応募下さい。)




◆スケジュール◆

・受付期間:2016年7月11日(月)~2016年9月1日(木)

・最終分析結果提出締切:2016年9月5日(月)【応募は締め切りました】

・審査会:2016年9月中旬(予定)

・入賞者表彰:2016年10月初旬(予定)

第2回ビッグデータ分析コンテスト(Big Data Analysis Contest)募集要項はこちら

第2回ビッグデータ分析コンテスト(Big Data Analysis Contest)特設サイトはこちら