福岡県ロボット・システム振興会議、福岡県Ruby・コンテンツ振興会議のご紹介

 福岡県IoT推進ラボは、「福岡県ロボット・システム産業振興会議」、「福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議」の両会議により構成されています。以下のとおり、両会議の概要を紹介します。ご興味のある方の入会をお待ちしております。
(以下URLより入会申込が可能です。)

 

 ○福岡県ロボット・システム産業振興会議
   https://www.robot-system.jp/

 

 地域の産学官の連携等により培ってきたロボットや半導体関連の基盤技術を活用し、福岡県の強み・特徴を活かせる①食品・農業②医療福祉③エネルギーマネジメントシステムの3分野を中心に、新しいニーズに対応したロボットやシステムの開発と導入を推進することで新産業の創出を目指します。

 

<構成>
【会 長】 株式会社安川電機
代表取締役会長 津田純嗣
【顧 問】文部科学省科学技術・学術政策局長、九州経済産業局長
福岡県知事、北九州市長、福岡市長
【設 立】2015年9月2日
【会員数】735会員(平成29年2月現在)
振興会議の目的に賛同する企業、大学、行政、個人
【事務局】福岡県、北九州市、福岡市

 

<支援内容>
・製品開発、実証実験の支援
・ニーズ調査提供セミナーの開催
・大規模展示会への出展
・人材育成
・開発用ソフトウェア・装置の提供
・インキュベーション等

 

========================================

 

 ○福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議
   http://www.digitalfukuoka.jp/

 

福岡県は、毎年7,000名を超えるクリエーター、デザイナー等の人材を輩出するとともに、生産性が高く、迅速な開発を行うのに適したプログラミング言語Rubyの技術者を豊富に有しています。このようなポテンシャルを活かし、「開発技術力の一層の向上」、「新たなビジネスの創出」、「有望市場への展開」の3つの柱で取組みを進め、世界を視野に入れたビジネスを展開する「Ruby・コンテンツ産業」の育成・集積を目指します。

 

<構成>
【会 長】デジタルハリウッド大学・大学院
学長 杉山 知之
【顧 問】楽天(株)、グリー(株)、ニフティ(株)、(株)カカクコム等66社・団体

 

【設 立】2012年7月
【会員数】745会員(平成29年2月現在)
振興会議の目的に賛同する企業、大学、行政、個人
【事務局】福岡県

 

<支援内容>
・製品開発支援
・講演会・セミナーの開催
・大規模展示会への出展
・有望製品の市場展開支援
・コミュニティ活動の支援

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
地方版IoT推進ラボ 事務局

E-Mail:
innov-local-iot「@」ipa.go.jp
(「@」を@に読み替えてください。)

電話:03-5978-7536