【開催予告】IoT実践セミナー

モノのインターネット(IoT)の普及にともないビジネスの形態や働く人々のライススタイルまでもが大きく変わるとされる第4次産業革命。

第4次産業革命といわれる新しい波は、品質管理、工程管理、在庫管理など、さまざまな業務でデータの活用が企業の競争力に直結しつつあります。こうしたデータをつないで、業務と業務が連携させることからはじまります。

当協議会では、
「社内の業務をつなげたい」「業務改善をもっとしたい」、「生産効率を上げたい」と思っている製造業者のための IoT実践セミナー を開催致します。この機会に是非ご参加下さい。

セミナーの詳細(チラシ)はこちら>>

 

募集要項

  • 対象加賀市内に主な事業所を置く製造業者
  • ◆中小製造業にて管理業務に携わっている方(IT化について強い問題意識をお持ちの方)
  • ◆中小製造業に所属し情報システムに詳しい方(業務の改善に強い問題意識をお持ちの方)
  • 日時2017年8月25日(金)13:00 ~ 26日(土)17:00 終了※受付12:30~
  • 定員20名(1社2名まで、人数が多い場合は1社1名とさせていただく場合があります。)
  • 参加費無料
  • (1日目セミナー終了時の懇親会は実費として、1,000円のご負担をお願いします)
  • 申込期限平成29年8月10日(水)
  • その他当セミナー受講にあたり、参加者の皆様には事前に「課題カード」を作製・提出いただきます。
  • 申込み後、メールにて様式を送信します。(※「課題カード」は当セミナーのみ利用します)
  • 場所かが交流プラザさくら(204会議室)
  • (旧加賀市市民病院)〒922-0057 石川県加賀市大聖寺八間道65番地

セミナー概要

 

  • 実習:参加者が持ち寄った実際の課題について議論し、結果を出すことを通じて、IoTと合わせて、具体的な実践方法を取得し、自社に戻って展開できるようIT化を進めるお手伝いをします。
  • 進行:西岡 靖之 氏(インダストリアル・バリューチェーン・イニシアディブ(IVI)理事長、法政大学デザイン工学部システムデザイン学科 教授)

カリキュラム

  • ステップ1(1日目午後)現状の課題を明らかにし、目指す姿を定める グループに分かれて会社毎に異なる課題を整理し、つながることで得られる理想的な姿を議論します。
  • ステップ2(2日目午前)具体的な業務の場面から現状のシナリオを描く 現状の業務の実態を場面ごとに役者とその活動として記述します。 モノと情報の流れがどうなっているかを明らかにします。
  • ステップ3(2日目午後)具体的な業務の場面から現状のシナリオを描く デジタル化によってモノや情報の流れをデータに置き換えたあらたな場面を定義します。また物理的な配置も検討します。

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
地方版IoT推進ラボ 事務局

E-Mail:
innov-local-iot「@」ipa.go.jp
(「@」を@に読み替えてください。)

電話:03-5978-7536