「YOKOS会議2018」開催!~東京の中心でヨコスカ愛をさけぶ~

2018年、発足3周年を迎えようとするヨコスカバレー構想実現委員会。
2017年には横須賀市IoT推進ラボとして経済産業省の選定を受け、「10年、100社、100億を横須賀へ!」を目標に起業推進・企業集積と人材育成・イベント開催が生まれるユニット活動を続けています。
今回は、横須賀の魅力を発信しつつ様々な活動紹介をお届けします!

  • 日時: 2018年2月24日(土)14:30~17:00(交流会:17:00〜18:00)
  • 会場: 株式会社D2C(東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル5F)
  • 内容: 多彩なゲストによるICT・IoT講演、 活動紹介、ヨコスカ愛デアソン、会員募集など
  • 主催:ヨコスカバレー構想実現委員会・横須賀市IoT推進ラボ(事務局:公益財団法人 横須賀市産業振興財団)
  • 共催:横須賀市
  • 後援:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)、YRP研究開発推進協会・ YRP情報産業協同組合

詳細はヨコスカバレー構想実現委員会HPをご覧ください。

《プログラム概要 》

14:30~17:00 “YOKOS会議2018”

  1. オープニングメッセージ「ヨコスカはこんなもんじゃない」 上地 克明 氏(横須賀市長)
  2. 基調講演「IoTはヨコスカを活かす!」 越塚 登 氏(東京大学大学院情報学環 教授)
  3. 熱血 !事例紹介「IoT×横須賀の未来」 相澤 謙一郎(ヨコスカバレー構想実現委員会 運営本部長)
  4. 応援メッセージ「国会議員として横須賀のために出来ること」 小泉 進次郎 氏(衆議院議員)
  5. ヨコスカ愛デアソン「ヨコスカ発のチャレジを応援するゾ!」
    - ファシリテータ: 宮田 正秀・相澤 謙一郎(ヨコスカバレー構想実現委員会ボードメンバー)
    プレゼンター:近藤 威志 - 地域100LDK構想
    :㈱ニフコ - 谷戸 de トレイル
    :ミテモ㈱ - こども起業体験の未来
  6. クロージングメッセ「ヨコスカの魅力で締める!」 水野 堅市(ヨコスカバレー構想実現委員会 会長)

17:00~18:00 “ネットワーク交流会”
(※当日のプログラムは予告なく変更となることがあります)

参 加 費 : 無料(交流会参加費: 1,000円)
申し込み : 専用サイトに必要事項を入力(先着150名様)

お問い合わせ:公益財団法人 横須賀市産業振興財団(電話:046-828-1631)

【参考】ヨコスカバレー構想実現委員会HP

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
IT人材育成本部
イノベーション人材センター
地方版IoT推進ラボ 事務局

E-Mail:
innov-local-iot「@」ipa.go.jp
(「@」を@に読み替えてください。)

電話:03-5978-7536